• 教育日本一を目指すつくば市
  • セキスイハイムの高い資産価値

教育日本一を目指すつくば市の教育から子育てサポート。 教育施設 つくばの豊かな自然・歴史環境や研究学園都市としての特性をいかしながら、「未来をひらく、やさしく、しなやかで、たくましい幼児・児童・生徒の育成」という理念のもとに、教職員及び行政・家庭や地域社会が連携し、夢・感動のある質の高い教育を実践しています。また、子育て支援サービスの中核を担う施設として、平成23年4月に「つくば市子育て総合支援センター」がオープンしました。子育て親子のつどいの広場「けやき広場」、子育てに関する講座や相談、情報提供、一時預かり、子育て支援者の育成などの各種事業に取り組んでいます。
つくば市が目指す小中一貫教育 つくば市では小中一貫教育を「共通の教育目標、指導内容、指導方法を設定し、それらを小・中学校の全職員が理解し、さらに、小・中学校の保護者・地域の協力のもとで実施される教育」と定義付けし、次の目標を掲げ取り組んでいます。通学区域の竹園東小学校と竹園東中学校もこの制度を取り組んでいます。
このサービスは、子育ての援助をしたい方と受けたい方の会員組織で、子育てに関する助け合い活動を行うものです(有料)。つくば市民の方はどなたでも会員になれますが、サービスを利用できる方は、原則として妊娠中の方または小学生以下のお子さんを養育している方です。会員の登録は随時行っています。
竹園東小学校
子育て支援拠点 気軽に子育て中の親子が交流したり、子育てに関する相談ができる子育て支援の場です。子育てに関する講座やイベントも行っています。
つくばスタイル科 平成24年度、文部科学省の教育課程特例校の指定を受け、つくば市ならではの9年間を貫く次世代カリキュラム「つくばスタイル科」を創設。8つの内容をもとに3つのステップ(In-About-For)で構成された発信型プロジェクト学習を行い、次世代型スキルを育成します。
いばらき子育て家庭優待制度 社会全体で子育て家庭を応援するため、県が発行する「いばらきKids Club」カードを協賛店舗等で提示すると、料金割引や粗品進呈等のサービスが受けられる「いばらき子育て家庭優待制度」があります。
保育所入所について 市内には23箇所の公立保育所があります。保護者が働いている、または疾病などのために、お子さんを日中家庭で保育することができないとき(保育に欠けるという)、毎日一定の時間、保護者にかわって保育が受けられます。
教育相談センター つくば市教育相談センターでは、いじめや不登校など、教育上のさまざまな問題について、相談をお受けしています。相談は,電話相談と面接相談があります。電話相談は匿名でも受け付けます。面接での相談を希望される方は、電話で相談日時を予約してからお越しください。月曜日の午後には、つくば市総合教育研究所で出張相談を行っています。相談は無料、相談内容や個人情報は堅く守ります。
毎日の暮らしが楽しみになるグッドロケーション。 つくばの中央エリアを生活圏とする本プロジェクトは、「つくば」駅前に集積するショッピング施設はもちろん病院や行政、教育と生活利便施設を徒歩圏に納めることができるロケーションです。また、「つくばエキスポセンター」などの大型な公園も身近にあり暮らしにおける快適性を充分に備えたエリアです。 つくば駅周辺 周辺エリアマップ Life  Information ショッピング 金融 公共 医療 公園

※掲載の写真は平成26年7月に撮影したものです。
※m表示は徒歩分数(80m/分)、km表示は車の実走行の時間となります。
※竹園東小学校及び中学校の距離は通学路を利用し計測しています。