電気をシェアすると街はもっと豊かになる。

街全体で電力をシェアする新しい未来へ――。セキスイハイムの『TEMSプロジェクト』始動

2016年秋、セキスイハイムの「スマートハイムシティ研究学園」で「TEMS」実証試験がスタートします。

セキスイハイムは、大容量太陽光発電システム、コンサルティング型ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS※2)「スマートハイム・ナビ」、家庭用大容量リチウムイオン蓄電池「e-Pocket」を搭載したエネルギー自給自足型住宅「スマートハイム」の販売を推進してきました。
ただ、一軒一軒の住宅で見ていくと、電力の使い方の量的、時間的な偏りや、太陽光の不安定な発電量などの課題があります。
『TEMSプロジェクト』は、独自に開発したエネルギー・マネジメント・システムにより、各家庭の蓄電池をクラウド上で遠隔制御し、太陽光発電の余剰電力を各住宅の間で効率よくシェア・活用する試みです。
2016年秋、セキスイハイムの「スマートハイムシティ研究学園」で「TEMS」実証試験がスタートします。

  • ※1:タウン・エネルギー・マネジメントシステム
  • ※2:ホーム・エネルギー・マネジメントシステム
TEMS
つくば環境スタイルSMILe

※3:バーチャルパワープラントとは、複数の分散電源(小規模な自家発電設備、太陽光発電、燃料電池、蓄電池など)を通信ネットワークでまとめてマネジメントし、あたかも1つの発電所のように(仮想的=Virtual))に機能させるシステム。機動的に需給バランスを制御できるシステムであるとされています。

いま求められているTEMS

今、わが国では温室効果ガス削減対策として、再生可能エネルギーの社会導入が進められています。しかし、太陽光発電などの導入が急速に進んだ結果、電力系統の安定運用に影響を及ぼす様々な課題が顕在化しつつあり、継続的な再生可能エネルギー導入と電力系統安定化を低コストで両立させる新たな仕組みが必要とされています。セキスイハイムではTEMSを通じて、街全体の再生可能エネルギーの利用効率を上げる技術の開発を進めています。

再生可能エネルギーの最大活用

いま求められているTEMS

太陽光発電などの再生エネルギーによる発電電力は、FIT(固定価格買取制度)により、10年間は高い単価で買い取りを行うことが保証されています。ただし、買取保証期間が終わる10年後は売電による収益が下がることが予測されています。FIT終了後の「売るより使う」時代を見据え、TEMSは、太陽光発電の利用価値をさらに高め、各家庭のエネルギー自給自足と余剰電力の活用による経済的効果をもたらすものとして期待されています。

再生可能エネルギーの最大活用

クラウド型TEMSが蓄電池を遠隔制御し、タウン内で発生する余剰電力を効率よく活用します

既存配電網とクラウド型のTEMSを使用
スマートハイムシティ研究学園では、セキスイハイムが独自に開発したクラウド型TEMSにより「TEMS実証試験予定区画」内の住宅の蓄電池を統合制御。各住宅で発生した余剰電力を蓄電池から既存配電網に逆潮流させ、その電力を効率的にシェアします。
事業所を含む街全体で電力をシェア
住宅とは異なる電力のロードカーブを描く事業所とも連携させることで、日中、住宅の蓄電池に貯めきれない太陽光発電の余剰電力や、住宅での需要予測の低い時間帯の蓄電池電力を事業所へ送ることが可能に。事業所の消費電力のピークカットを行い、電力系統の安定へとつなげます。

※1日または1年の間に使われる電力量を表す曲線

「ZEH」仕様住宅でエネルギー自給自足
住まいの断熱性・省エネ性能を引き上げること、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・喚起)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にするのが「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」。さらに蓄電池を組み合わせることで、電力を貯めて必要な時に取り出して使う暮らしが可能になります。
  • 分譲中物件「スマートハイムシティ研究学園」<ネット・ゼロ・エネルギー街区>について詳しくはこちら
  • 分譲中物件「スマートハイムシティ研究学園」について詳しくはこちら