◆土浦市◆歴史ある公園

2016年1月25日

こんにちは。グランツーユー土浦展示場の圓城寺です!

本年もどうぞ宜しくお願い致します\(^o^)/

今回のお散歩スポットはこちら!

分譲地から歩いて12~3分程の場所にある亀城公園(きじょうこうえん)です!

晴天に恵まれた取材当日。絶好のお散歩日和です♪

ここは室町時代に土浦城が築城された場所。

堀に囲まれた城の姿が水に浮かぶ亀に見えた事から亀城とも呼ばれ、

その土浦城址の一部を整備した場所が亀城公園となりました。

公園に近づくと、この公園の大きな特徴である大きな堀と東櫓(ひがしやぐら)が見えてきました!

この東櫓をもっと近くで見ようと堀の内側・本丸へ行ってみると…

「開館中」の看板が!どうやら入れるようです!

個人的に亀城公園は小さい頃から訪れていた馴染みのある場所でしたが、

まさかここに入れるとは知りませんでした。

おそるおそる戸を開けてみると、受付の方が快く迎えてくれました♪

写真は撮影できませんでしたが、

建物内展示館となっており、土浦城の成り立ちなどの歴史、東櫓の復元の様子など

貴重な資料など様々な物が展示されていました。

そして建物は江戸時代の建築技術と現代工法を取り入れた建物になっており、

作り方や材料・道具も展示されていました。

柱や梁は太いスギの木が使われていて、とても立派でした!

2階からは東櫓からの風景もご覧いただけます。

昔はここから霞ヶ浦が一望できたとか?!驚きです。

という事でゆっくり館内を見学させていただき、

パンフレット&記念スタッフをゲットしました\(^o^)/

そこで気付いたのですが、ここの東櫓は亀城公園の隣にある

土浦市立博物館の付属展示館だという事が判明!

写真下のチケットがあれば、博物館もご覧頂けるそうです!

こちらが亀城公園の隣にある土浦市立博物館です。

定期的に様々な展示会が開催されており、

現在は土浦の歴史を知ることができる冬季展示会が開催中です!

車でご来場いただいた方は駐車場が無料になりますよ♪

気になる方はぜひ足を運んでみてください!

公園内に戻り、奥に進んでいくと「櫓門」(やぐらもん)が見えてきました。

1656年に改築された(1986~87年に解体修理されています)と言われており、

本丸にある櫓門としては関東地方で唯一現存するという歴史ある門です。

こちらの櫓門と東櫓は1952年に茨城県指定史跡第1号になっています。

さらに奥に進むと池と噴水があり、ベンチも多数ありました。

とてもいい雰囲気ですね。

また、お子様が遊べる遊具もありました。

お子様と一緒に遊んでいるご家族の方、ペットを散歩されている方、

ベンチでゆっくりされている方、皆様それぞれの時間を公園で過ごされていました。

ここは周辺の方々の憩いの場になっているようです(^^)♪

さらにはミニ動物園があり、今年の干支でもあるお猿さんにも会えました(^_^)v

この日は日差しが暖かかったので、

気持ち良さそうにひなたぼっこをしていました♪

公園のすぐ隣には文京町にお住まいになるお子様が通うことになる土浦小学校があります。

土浦小学校は市内で最も古い小学校。130年を超える歴史ある小学校で、

2014年に改築工事が完了したばかりなんです。

亀城公園に隣接してるという事で、建物は歴史的景観を配慮したそうです。

とても綺麗!そして外観がとてもオシャレ!!

小学校に通うのも楽しくなりそうですね♪

という事で見どころ満載、歴史あふれる亀城公園を散策しました!

ぜひとも足を運んでみてくださいね(^_-)-☆

 

■亀城公園

土浦市中央1丁目13番

■土浦城東櫓

TEL/029-824-0028

開館時間/午前9時から午後4時30分まで

休館日/月曜日・祝祭日の翌日(但し、翌日が土日の場合は開館)、

      年末年始(12/28~1/4)、特別展開催にともなう展示替え期間他

入館料/一般 105円(75円)、児童・生徒 50円(30円)

     ※( )内は20名様以上の団体料金です。

     ※博物館・東櫓いずれも御入館いただけます。

▼その他の分譲情報はコチラから▼

takuchinomoribnr1-622x140

▼茨城セキスイハイムの住まいの情報はコチラ

簡易バナー メインサイト

圓城寺 宏恵
土浦支店(グランツーユー土浦店)
スタッフ(ハウジングアドバイザー)
圓城寺 宏恵 (土浦市出身)

天気の良い日はお散歩したりお子様と遊んだりするのにピッタリな公園です♪また、春は桜の名所でも知られているので、暖かくなってからお花見がてら行ってみるのもオススメですよ!

訪問した場所