◆神栖市◆自然とふれあう一日  ~後編~

2016年6月18日

こんにちは!鹿島展示場ハウジングアドバイザーのながおです。
今回は、先月の前編に続きまして、自然豊かな神栖市を体験できるイベント「港公園わくわく体験フェア」を紹介します♪

まず前回は港公園の展望塔にのぼり、こんな感じでイベントを上から眺めたところで終わりました。

kashima_tochi1605_9


今回はいよいよ!わくわく体験フェアの「体験」に迫ります!

会場内には多くのブースがあり、フラワーアレンジメントや伝承あそび、竹鉢制作体験等、自然とふれあう体験イベントが盛りだくさん。
また、神栖市のゆるキャラ・かみすココくんも登場~(^o^)
子どもたちに囲まれ写真に収めることはできませんでしたが、まさに「ゆるキャラ」という感じのシンプルな姿かたちがかわいかったですよ♪

最も行列ができていたのが、スタンプラリー!
イベントが始まる午前10時少し前に行ったのですが、受付は大行列。
親子一緒に無料で楽しめるということもあり、お子さま連れの方がとても多くいらっしゃいました。
(ちなみにテーブルの上の紙にうっすら見えているのが、かみすココくんです^^)

kashima_tochi1605_1


お昼前には、港公園近くに庁舎を構える海上保安庁・鹿島海上保安署の放水デモンストレーションもありました!

kashima_tochi1605_14


「そんなに大きくない船なんだな~」と感じていたのもつかの間、船はものすごい量の海水を吸い上げ、目の前が真っ白になるほど大迫力の放水を始めました!
風向きが陸向きだったので、全身に霧のような水しぶきが・・・(笑)
とはいえ暑い日だったので、お子さまたちはとても楽しそうでしたよ♪

そして、私が一番興味のあったイベントが「まんまるこけ玉づくり」
参加条件は「小学生以上」ということでお子さま連れのご家族が多い中、大人げなくきっちり並び無事整理券をゲット。

kashima_tochi1605_3


まずは好きなグリーンを選び、根っこの土をほぐします。
そこにこけをくっ付けて丸く成型するというシンプルな作り方だったのですが、この「丸く成型する」のが意外と難しい!

しかし目指すは「まんまるこけ玉」。
ふわふわぽろぽろのこけをなんとかまとめ、形がくずれないよう糸でぐるぐる巻きにして出来上がり!

kashima_tochi1605_4


どうですか?なんだかかわいくないですか??

最近は手入れのいらないフェイクグリーンが流行っていますが、やっぱり生きたグリーンはなんだかほっこりしますね。

kashima_tochi1605_20


最後に、こけ玉を乗せるお皿を選んで体験終了。
色々な種類があったのですが、シンプルな白い角皿を選んでみました。

持ち帰って毎日眺めてほっこりしたいと思います(^^♪

そしてそして、こういった催し物には欠かせないのが、グルメですよね!
定番のカレーライスや焼きそば、もつ煮込み等々、地元の美味しいお店が出店されていました。

kashima_tochi1605_15


もつ煮込み、焼きそば、揚げパン、たい焼き・・・こういう露店があると、ついつい買い過ぎてしまうんですよね(^^;)

そんなわけで、楽しくて美味しい、そしてお財布にも優しい自然体験イベントでした!
以上、今回は「港公園わくわく体験フェア」の紹介をさせていただきました♪

▼茨城セキスイハイムの住まいの情報はコチラ

簡易バナー メインサイト

永尾 千明
つくば支店(鹿島店)
スタッフ(ハウジングアドバイザー)
永尾 千明 (行方市出身)

いかがでしたか?今回は港公園わくわく体験フェアの後編をお送りしました!
港公園わくわく体験フェアは一年に一度の開催ですが、港公園の自然や展望塔からの素敵な景色は一年を通して体験することができます♪また、子育て支援が充実していることから移住される方も少なくない神栖市ですが、自然の中でのびのび子育てできる環境があることも大きな魅力の一つだと、今回改めて感じました。

この周辺にある、いい土地情報

訪問した場所