スマートハイムシティ研究学園<ネット・ゼロ・エネルギー街区>ブログ情報はこちら分譲情報はこちら

分譲情報 分譲情報
Concept

環境モデル都市つくばが推進する「コミュニティ型低炭素モデル街区」形成の一翼をになう街づくり『スマートハイムシティ研究学園』に「ネット・ゼロ・エネルギー街区」が誕生します。

つくば環境スタイル

つくば市は、環境モデル都市として、 市民一人当たりのCO2排出量50%削減という高い目標のもと、「つくば環境スタイル“SMILe”(つくば市環境モデル都市行動計画)」を策定し、低炭素社会づくりの取り組みを進めています。
その“SMILe”プロジェクトの一つとして、低炭素型住宅を面的に導入する 「コミュニティ型低炭素モデル街区」の整備を行っています。
その一翼を担う事業として、セキスイハイムの『スマートハイムシティ研究学園』に「ネット・ゼロ・エネルギー街区」が誕生します。

NET ZERO ENERGY

これからの暮らしの考え方、ネット・ゼロ・エネルギー

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっている今日、住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置づけられています。さらに、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、消費するエネルギー量より創るエネルギー量が多い「ネット・ゼロ・エネルギー」の暮らしに注目が集まっています。

  1. POINT1 エネルギーを極力必要としない(断熱)
  2. POINT2 エネルギーを上手に使う(省エネ)
  3. POINT3 エネルギーを自ら創る(創エネ)

さらに先を行く「エネルギー自給自足の電気を買わない暮らし」を目指します。

私たちセキスイハイムは、「発電量ー消費量=ゼロ」の達成のさらに一歩先、「電気を買わない暮らし=エネルギー自給自足の暮らし」を目指します。蓄電池を設置することで、電力を貯めて必要な時に取り出して使う暮らしが可能に。もちろん、災害などの非常時にも安心です。

  • いま、なぜZEHなの?
  • ZEHのメリットは?
STANDARD SPECIFICATION
創エネ+畜エネ

世界No.1の実績と信頼《太陽光発電システム》

セキスイハイムは、ソーラー住宅建設棟数世界No.1。4年連続ギネス世界記録TMを達成。業界をリードし続けてきた大容量搭載技術で、たっぷりのソーラーパネルを載せることが可能に。発電量にも差が出ます。

※ソーラー住宅建設最多棟数「Most solar-powered houses built」(リフォーム含む)161,013棟(2014年12月末現在)は、ギネス世界記録に認定されています。

高性能・大容量のリチウムイオン蓄電池《e-Pocket》

環境性にすぐれた「リチウムイオン蓄電池」の中でも蓄電容量が多い据置型を採用。ソーラーで発電した電力をたっぷり貯めておくことができます。ライフスタイルや状況などに応じて3つの運転モードから選択可能、設定はご自身で簡単に切り替えていただけます。

  • ハイム独自の3つの運転モード

  • できるだけ買う電力に頼らない〈グリーンモード〉
  • 光熱費を抑える〈経済モード〉
  • 停電時に電力を利用できる〈非常運転モード〉

以下は「ネット・ゼロ・エネルギー街区」の商品タイプと搭載する太陽光発電システム、蓄電池の代表例です。

スマートパワーステーション(鉄骨系)
グランツーユーf(木質系)

※太陽光発電の搭載容量は、商品タイプ、プランによって変わります。

省エネ

電力エネルギーを見える化《スマートハイム・ナビ》

家じゅうの電力を「見える化」するスマートハイム・ナビ。部屋ごとの使用量や光熱費がスマートフォンやパソコンで確認でき、家族の節電意識も高まります。さらに『スマートハイムシティ研究学園』の「ネット・ゼロ・エネルギー街区」では、街区全体の電力使用量も各家庭で「見える化」します。

暮らしに合わせた省エネアドバイス《無料コンサルティング》

ご入居者限定のWEBサイト「スマートハイムFAN」では、邸ごとに省エネ達成度や具体的な節電方法をアドバイス。無料で精度の高いコンサルティングが受けられます。

断熱

高気密・高断熱を実現する《工場生産による精密な施工》

組み立て工程の大部分を屋根のある工場で行うセキスイハイムの家。風雨の影響を最小限に抑えられます。工場ラインで効率的に生産、工程ごとに熟練の技術者がムリのない姿勢で集中して作業することで精度がアップします。数万点におよぶ部材は全てコンピュータで管理され、各工程ごとに専門検査員とコンピュータで厳しい品質検査が行われます。

窓や壁からも熱を逃がさない《高断熱仕様》

セキスイハイムは、一般的なアルミペアサッシの約2倍の断熱性能を誇る「アルミ樹脂複合サッシ」を採用。また、断熱性に優れる細繊維グラスウールを天井、壁、床にすき間なく充填(鉄骨系の床は基礎断熱仕様)。外気の影響を受けにくい、安定した断熱性能を発揮します。

※鉄骨系と木質系では、断熱仕様が異なります。

LAND PLAN & LOCATION

住環境や資産価値を維持する街づくり

スマートハイムシティ研究学園全体図
※掲載のイメージイラストは計画段階の図面を基に描いたもので、
外構形状や植栽等、実際とは異なります。あらかじめご了承ください。

街づくりガイドライン

「住むほどにその価値が進化する街づくり」をコンセプトに、独自の「街づくりガイドライン」を設定し建物の外観や外構・植栽など統一感ある街づくりを進めています。このガイドラインによって上質な街づくりが進み、将来に向けて景観価値と環境価値が維持されるように配慮しています。

「コミュニティグリーン」スペース

各区画の玄関先などに「コミュニティ・グリーン」スペースを設け、住まわれる方同士が緑を通して気軽に話しかけられる環境をつくり、良好なコミュニティを育成。こどもたちの見守りや災害時の「共助」を支える機能につながります。

都市機能の快適さと、暮らしにゆとりをもたらす緑

学園の杜公園・こなら公園

発展し続ける副都心・研究学園

筑波研究学園都市の副都心として開発が進められている「研究学園」エリアが暮らしの舞台です。関東最大級のショッピングセンター「イーアスつくば」や「コストコホールセール」など、都市機能が充実。生活と仕事に関わるサービスが集まる「複合市街地」としての発展が注目されるエリアです。

子育て家族にうれしいロケーション

大きな芝生広場のある「こなら公園」が隣接する『スマートハイムシティ研究学園』。2018年には、徒歩11分(約840m)に「(仮称)市立葛城学園」が開校予定。小児科などの各種専門医院も徒歩圏内に揃っています。

街づくりやロケーションについて詳しくはこちら