セキスイハイム

EXTERIOR DESIGN EXTERIOR DESIGN 外構と植栽で完結する家の佇まい 外構と植栽で完結する家の佇まい

スタイルへのこだわりは、そのデザイン性を外部空間にも展開。
建物の意匠はもちろん、外構・植栽についても丁寧にプランニング。
邸ごとに門柱の意匠をはじめアプローチや駐車場の仕上を考え、
あるいは統一や調和を図り、植栽をバランス良く組み合わせながら、
美しく存在感あるファサードの風景を作り上げています。

シンボルツリーをはじめ、個々の建物プランに合わせて高中木や
低花木、グランドカバーが育む、ゆたかな緑の風景。
複数のエクステリアライトを組み合わせが奏でるナイトシーン。
上質なスタイル感ある風景を目にしていただけることでしょう。

Features of STYLE

#1 風景をつくる植栽

住まいの顔となるファサードのデザインは重要です。建物は間取りプランからカタチが決まりますが、植栽配置によって印象は大きく変わります。シンボルツリーなど存在感を演出する植栽、構造物の足元に配置して印象を和らげる植栽、外からの視線を遮るスクリーンとしての植栽など、それぞれの機能を満たしながら全体としてバランスのとれた美しい風景をつくります。

#2 景観調和の価値

私たちは、一邸ではなく、街としての景観調和を考えます。建物と外構・植栽が生み出す存在感あるファサードで一邸としての個性を主張しながらも、道行く人に潤いを感じさせる緑ゆたかな風景や、ナイトシーンを演出するとともに防犯にも配慮した照明計画など、地域の人々と共有する風景が街の財産であることを意識しながら、大切にプランニングしています。